どんなウクレレ講座を選ぶかが重要 -- 初心者でも簡単!ウクレレ講座で弾いてみよう

ウクレレは初心者でも簡単に弾けるようになります。
当サイトでは、ウクレレの上達におすすめの講座や教本を紹介しています。

HOME ⇒ どんなウクレレ講座を選ぶかが重要

どんなウクレレ講座を選ぶかが重要



別記事で、初心者のウクレレ練習には専門の教室を利用するか、もしくは自宅でできるウクレレ講座などの教材を利用するのが理想だと述べました。

で、どんな教室や教材が良いのかについてですが…



ウクレレ教室については、お住まいの場所で探せば通えるところが見つかると思いますので、ここでは触れません。

一方で、ウクレレ専門の講座や教材も探せば見つかると思いますが、教材によって内容に差が大きいため、適当に選ぶのはお勧めできません。

というわけで今回は、ウクレレ講座や教材の選び方についてお話ししたいと思います。



ちなみにここでいうウクレレ教材とは、
ウクレレを勉強するためのテキストや本がセットになったもののことを指しています。

ウクレレの基礎知識や練習方法を身に付け、さらにある程度のレベルにまで上達させることを目的としたもので、 そのためのカリキュラムが用意されています。

ユーザーは、そのカリキュラムに沿ってウクレレを練習していくだけ。

独学のように自分で練習方法を考えたり、どのような本を利用するかで迷わなくて済むこと、 またきちんと教材の練習に取り組めば一定レベルまで確実に上達させられます。

いわゆる、上達までのレールが敷かれた学習方法だといえるでしょう。



そんなウクレレ教材ですが、教材と一口にいってもさまざまなタイプの教材があります。

例えばテキスト本を利用して練習を行うもの、
また映像を利用したものなど色んなタイプがあります。

いずれも学習内容が体系的にまとめられており、初心者の練習には悪くありませんが、 できるだけ効率的に練習を進めたいのなら、「映像」を利用してウクレレの練習をすすめていくタイプの教材を選んでください。

理由については次で説明します。

ウクレレの練習になぜ映像教材が良いのか



初心者の方がウクレレを上達させるために「ウクレレ教材」を利用するのであれば、映像を利用して練習を行っていくタイプの教材を選びましょう。

その理由は、テキスト教材と比較してわかりやすさが全然違うから。



想像してみてください。

文章や写真でウクレレの弾き方を説明した教材の場合、 まずテキストや写真に目を通して、「このように弾く」という
ことを理解する必要があります。

テキストや写真をパッと見ただけでは、弾き方が理解できません。

なのでまずはテキストを読んでから、
弾き方を想像する必要があります。



一方で、映像を使った教材の場合。

映像に出演している講師の説明を聞きながら、
実際に弾いている姿をみれば、正しい弾き方がすぐにわかります。

見て、一瞬で理解できるのですよね。

極端な話をすると説明がなくとも、
講師の方が弾いている姿を見るだけで弾き方や、どの音を出すかが理解できます。

自ら想像しなくとも直感的に理解できるので、ものすごく楽に練習を進められます。



あと映像を使ったウクレレ教材の場合、弾いている手元の様子がよく見えるように「映像の映し方」に工夫を凝らしていることが少なくありません。

難しい指使いなども、拡大して映すことでできるだけわかりやすくしているため、 「今のところ、どうやって弾いていたんだろう…?」と疑問に思うこともありません。

画面を見るだけで弾き方がわかるため、本を使ってウクレレを練習するよりも数倍楽に練習を進めることができます。



まあテキストメインのウクレレ教材でも、練習しやすく作られたものはありますので、 どんな教材が使いやすいかは好みによるところもあります。

ですがウクレレに限らず、
楽器の弾き方はテキストや写真だけでは理解しづらいです。

なのでほとんどの方は、テキストよりも映像を主に使った教材の方が効率よく練習していけると思います。

具体的にどのような教材を選べばよいのかがわからないという方は、 当サイトでご紹介している初心者向けウクレレ講座をチェックしてみてください。

映像を使ったウクレレ教材の中でもダントツにわかりやすく作られており、特に初心者には自信をもっておすすめできます。





Copyright (C) 2017 初心者でも簡単!ウクレレ講座で弾いてみよう All Rights Reserved.【サイトについて
TOP