初心者でも簡単!ウクレレ講座で弾いてみよう

ウクレレは初心者でも簡単に弾けるようになります。
当サイトでは、ウクレレの上達におすすめの講座や教本を紹介しています。

初心者にウクレレをすすめるのはなぜ?




大人になってから楽器をはじめようと考える人、増えています

楽器の練習は頭の体操にもなりますし、
なにより癒されます。

また「趣味は楽器です!」なんて人に言えたらなんだか格好いいですよね。

そういった理由で、
楽器を始める人が増えています。



そんな初心者におすすめされることの多いのが、ウクレレです。

ウクレレとは打楽器の一種で、
見た目はギターに似ていますね。

テレビなどのメディアで、有名人が弾いているところを見たことがある方は多いのではないでしょうか?



しかしなぜ、ウクレレが初心者におすすめされるのでしょうか?

他にもピアノとかギターとか、
個人に身近な楽器っていろいろありますよね。



その理由ですが、それはずばり「簡単だから」。

大人になってから楽器を練習するのって、
簡単なことではありません。

楽器の経験がある方ならまだしも、
音楽の知識自体があまりない方だと、弾けるようになるまでにかなり苦労すると思います。

そんな初心者にウクレレがお勧めされることが多いのは、他の楽器に比べて簡単だからです。



まあ簡単…とはいっても、1日2日練習したくらいでスラスラ弾けるようにはなりません。

覚えることがたくさんありますし、
指がウクレレの弦に慣れてくるまでは苦労するはずです。

それでも、他の楽器よりは簡単なのです。



簡単だと挫折しにくいですし、
短期間で弾けるようになれば頑張ろうというモチベーションも保ちやすいです。

また何より、楽器を弾くことが楽しいです。



楽器をはじめてみようと考えている。
でも何の楽器にするかはまだ決めていない。

そんな初心者は、ぜひウクレレに挑戦してみてください。

当サイトではウクレレをできるだけ楽に、かつ効率よく上達させる方法について解説していますので、 参考にしていただけますと幸いです。

ウクレレ初心者の方へ 独学だけはやめておきましょう




これからウクレレをはじめてみよう
と考えている初心者の方に、一つお話ししておきたいことがあります。

それは、楽器の独学は絶対にお勧めできないということ。



もしあなたが、これまでに何か楽器を弾いた経験があるというのなら、独学でも大丈夫だと思います。

そういう人は楽器の練習の仕方を
知っているでしょうから、市販の本でも問題なく練習していけるはずです。

ですが、完全な音楽初心者の方にはお勧めできません。

市販の教則本を買って練習したとしても、
高い確率で挫折するか、他の練習方法を模索することになるからです。

実際に私の周りでも、独学でウクレレをはじめてみたけれどすぐに限界を感じ、 結局ウクレレ教室に通うことにしたという方、おられます。



市販されている初心者向けのウクレレ教則本は、初心者向けを謳っているかもしれませんが、内容は初心者には向きません。

ある程度基礎を知っている方に向けて作られたものがほとんどであるため、 そういった本で練習を始めたとしても、わからないところがたくさん出てくると思います。

初心者向けなのになぜ!?
と憤りを感じる方もおられるかもしれません。

ですが本ってスペースが限られているので、
載せる情報を厳選せざるを得ないのですよね。

なので初歩的すぎる情報は、省かれる傾向にあります。

ある程度ウクレレの経験がある方なら、そういった本でも問題なく練習できると思いますが、 これからウクレレをはじめようという初心者には向きません。



あと、その人の知識レベルにもよりますが、 例えば楽譜の読み方を知らない人の場合、ウクレレを弾く以前の問題で、まず楽譜を勉強しなくてはなりません。

簡単に述べていますが、独学で楽譜の勉強をするってかなり大変です。

ウクレレ専用の楽譜は、ピアノなどに用いられる楽譜に比べるとまだやさしい方ですが、 それでも初心者にしてみると、初期のうちは読むだけで精いっぱいだと思います。

そんな楽譜の読み方を勉強したうえで、やっとウクレレを弾く練習ができるわけですが、 楽譜を読むのもままならない状態では亀のようなペースでしか練習が進みません。

ほんの少しの音を鳴らすのにも時間がかかってしまい、当然ですが面白くありません。

この時点で、初心者は嫌になります。
曲を格好よく弾きたいと思ってウクレレを始めたのに、音すら満足に鳴らせないからです。

しばらく続けてみるものの、
最後はイヤになって辞めてしまいます。



なかには意志が強い方もおり、なんとかスローペースながらも練習を続けていく人はいますが、稀です。

そもそも、そこまで苦労してウクレレを弾きたいわけではなく、 単に格好よく曲を弾いて楽しみたいだけ…という人が大半なのですよね。

そんな人には独学はおすすめできません。

独学は、教室や専用教材を使った練習に比べると先が見えにくいこと、 また練習の効率が悪いため、イヤになって挫折してしまう可能性が高いです。

初心者の方は、独学以外の練習方法を選びましょう。

どんな練習方法が適しているのか




音楽初心者には、ウクレレの独学は向きません。
となると、一体どのような方法で練習していけばよいのでしょうか?

いくつかのやり方がありますが、多くの初心者におすすめなのは「教室」か「教材」を使った練習です。



中でもウクレレ教室は、講師に直接ウクレレの弾き方を教えてもらえるため、初心者にはおすすめです。

まあ実際には、練習の質は担当の講師によって大きく変わるため、絶対に良いかというとそんなことはないのですが、 一緒に練習する仲間や教えてくれる人がいる分、長続きしやすいといえます。



教室通い以外では、当サイトでご紹介しているような ウクレレの専用教材を使った練習もおすすめです。

ここでいう教材とは市販の教則本ではなく、
ウクレレの上達を目的とした初心者用教材のことです。

ウクレレの基礎を身に付け、かつ上達させるための知識やコツが体系的にまとめられているため、 練習の仕方がわからない初心者でも問題なく練習に取り組めます。

また教材なら自宅でできるため、自宅近くに教室がない人や通う時間がない人、 また教室通いに抵抗がある人には便利なものだと思います。

費用も教室に比べると安価です。



欠点は、講師の指導を直接受けられないという点ですが、 映像を利用してレッスンを行うタイプの教材なら、自宅でも講師に教えてもらっているような感覚で練習できます。

特に最近の映像教材はよくできているため、一人きりの練習でも効率よくステップアップできるはずです。

そばに講師がいないと不安な人は、
オンラインのウクレレ教室を利用するとよいでしょう。

ウクレレの練習の仕方で迷っている人は、当サイトでご紹介しているウクレレ教材や、オンライン教室の情報を参考にしてみてください。





Copyright (C) 2017 初心者でも簡単!ウクレレ講座で弾いてみよう All Rights Reserved.【サイトについて
TOP